coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

【年間110万円】大赤字家計の再建に挑む!専業主婦の開戦ののろし

こんにちは、ともちゃんです。

2017年のわたしの目標のひとつは、超赤字体質から黒字体質へ、家計を健全化することです。

あらためて書きますが、わが家の2016年の赤字額は年間110万円です。

旦那さんの年収は世の中の平均年収と大差ないので、110万の赤字は壊滅的な数字です。

2017年は黒字会計にするべく、わたしは立ち上がりました。

f:id:coromochi:20170115130023j:plain

[目次]

そもそもなぜ赤字でもやってこれたの?

月10万円前後の赤字でありながら、なぜ今までやってこれたのか?

それは、わたしが働いていた時に貯めていた分も含めて、貯蓄を切り崩していたからです。

3年前に娘に恵まれ、モノが入り用になったわが家では「必要なものだから」を大義名分に、予算もないのにお金を使い、貯蓄から補うことを繰り返してきました。

しかしもうそんなこともできなくなりました。

そう、補う貯蓄が底をついたのです。

本当に危機的な状況です。

『もっともわかりやすい「貯まる家計」のつくり方。』

そんな危機的な状況になって、やっと真剣にお金の管理をはじめました。

以前から家計管理はやりたいことの1つで、ネットで調べてはマネしてみたけれどどれも続きませんでした。

そんなわたしが運命的に(偶然)出会った本が、『もっともわかりやすい「貯まる家計」のつくり方。』。

家計管理に不慣れなわたしでもすぐに取り組めそうなアイデアがたくさん載っていて、内容もとても分かりやすい。

対談形式になっていたり、コピーして使えるフォーマットがあったりして読み応えも十分。

これは買ってよかった!

  • 家計再生コンサルタントの横山光昭さんによる貯金体質になれる4つのステップ
  • 『正しい家計管理』の林總さんとシンプルライフ研究家のマキさんの対談
  • 財布の整理術や一行家計簿のやり方
  • 円結びメイク術

など盛りだくさん。

早速、いくつかのアイデアを取り入れてやりくりをはじめています。

家計の黄金比

まず注目したのが、家計の黄金比

紹介されている比率通りに予算組みすれば自然とお金は貯まる、というもの。

例えば、手取りの総額に対して住居費は25%、食費は14%、水道光熱費は7%、通信費は4%など。

それぞれの家庭で大切にしている部分は違うので、各家庭毎に比率はアレンジします。

わが家の場合は…と早速作ってみたのですが、マイナスの項目ばかり??

とくに、住居費、食費、光熱費、通信費は予算を大幅にオーバーしていました。

引っ越して住居費を抑える

現在の住まいに越してきたのは約8年前。

当時は夫婦共働きで娘もまだ生まれていませんでした。

収入源が2つあり、日中は2人とも家にいなかったのだから家賃も光熱費も負担にはなりませんでした。

その後、わたしが専業主婦になり、娘も生まれて家族が増えましたが、家賃は同じ。

それは家計を圧迫しますよね。

近いうちに住まいをコンパクトにして、家賃を抑えます。

これで月数万円の固定費削減になります。

格安SIMで通信費を抑える

現在は夫婦ともにソフトバンクを利用していますが、こちらは格安SIMに変更します。

これまた予算も考えずにiPhone6Sの128GBモデル(購入時、一台12万円くらいだったはず)を購入しているので、機種代金の返済がドカンと発生しますがしかたありません。

また、災害時に安心だと思って設置していた固定電話は解約し、現在はLINE電話を利用しています。

今のところLINE電話でまったく不都合がありませんし、固定電話を解約したことで月2,000円の節約になりました。

食費は主婦の力の見せどころ

食費もかなりのどんぶり勘定でした。

「食べたものが体をつくる。だからいいものを食べる」という理屈のもと、食費にはお金がかかっても仕方がないと思っていました。

でも、お金がなくては食べものは買えないのです。

予算の範囲内で良いものを買うべきなのです。

どうしても単価の高いものを食べたいのなら食べる量や回数を減らすべきなのです。

そういった努力をなにもせず、仕方がないなんてどの口が言っていたのか… 。

しかし、気がつけたのだからこれから頑張ればいい。

食費をコントロールできることはとても大切なので、しっかりと予算を決めて、値段のチェック、安売り時期の把握、無駄なものは買わない、自宅の在庫の管理などの工夫をしていきます。

キャッシュカードは持ち歩かない

同じ本に載っていて早速実行しているのが、月の予算を決めてその金額を引き落としたらキャッシュカードをお財布から出す、という方法。

足りなくなったから下ろす、という悪循環を止める根本的に解決策です。

キャッシュカードはお財布に入れておくものと思っていましたが、目からウロコの新発見でした。

当面の目標

『もっともわかりやすい「貯まる家計」のつくり方。』を参考に、まずは1月を黒字で終われるように頑張ります!

本来なら貯金も必要。

おこづかいも欲しい。

お金のことで頭を悩ませるのはもう終わりにしたい。

今後の成果は随時ブログで報告していきますので、ご期待ください。

それでは、またあした。

最新記事