coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

ホリエモンのピロリ菌検査で陽性がでた話

※この記事は約5分で読むことができます。

自称・愛妻家のたっくんです。

ホリエモンのピロリ菌検査キットを試したところ、妻に陽性判定がでました。

判定がでてからの数週間はとても大変でしたが、検査をするメリットも強く感じたのでレポートを残したいと思います。

健康に気を使っている人、ピロリ菌のことが気になっている人は参考にしてみてください。

検査のきっかけ

ピロリ菌の検査をしたきっかけは、ホリエモンの『むだ死にしない技術』を読んだことです。

「長生きしたいなら治療よりも予防が大切。ピロリ菌や歯周病の対策をすることでむだ死にしない。」

ホリエモンからのメッセージを受け取ったぼくら夫婦は、早速ピロリ菌の検査キットを注文しました。

検査キットは、ホリエモンが発起人となっている予防医療普及協会のサイトで紹介されているものを使用しました。

① ピロリ菌簡易検査キット | 予防医療普及協会 検査キット SHOP

ちなみにぼくは内視鏡で毎年胃の精密検査をしているので、今回の注文は妻のみです。

ピロリ菌ってなに?

正式名称はヘリコバクター・ピロリ。

胃の内部に住み着き、胃がんの原因になる(と考えられている)細菌です。

日本人の死亡原因第3位である胃がんの原因になるとは、本当にやっかいなやつですね。

ピロリ菌は、親や兄弟など身近な人から幼少期に経口感染することが多く、大人になってからは感染しません。

上下水道など衛生環境が整備されていない頃に幼少時代を過ごした高齢の方の多くが保菌しているため、乳幼児を含む3世帯で同居している家庭では子どもへの感染に特に注意が必要です。

以下サイトで感染度診断ができますので、試してみてください。

ピ|ピロリ菌診断

検査方法

検査キットをネットで注文して数日待ち、届いたスティック状の検査キットにおしっこを引っ掛けて郵送します。

あとは、結果が郵送されてくるまで数日待つだけです。

とっても簡単ですね。

まさかの陽性判定

そして送られてきた結果がコレ。

「陽性」

念のため受けておこう、陰性であることを確認しておこう、くらいの心づもりだったので、この結果はかなりの衝撃でした。

そして、ぼくと妻の脳裏にすぐさま浮かんだのは「娘に感染させてはいけない」という強い使命感でした。

感染防止!家族に染すな!

そしてすぐさま実行に移したのが以下の行動です。

妻と娘の顔周辺のスキンシップを避ける

娘が頬にキスを迫ってきても、さっと首を動かして避ける妻。歯の仕上げ磨きをするときはマスクを着用し、唾液による飛沫感染を防止しました。

妻が使用したタオルや食器に娘を触らせない

タオルは家族で共有せず、妻が使用したものには娘に触れさせないようにしました。妻が使用した食器にも娘が触れないよう、厳しく目を光らせました。

夫婦間のキスや夜の営みをしない

じつは、抵抗力が強い大人同士では、ピロリ菌は感染しません。なのですが、夫婦そろって陽性の事実に動揺していたためか、夫婦の営みにお預け期間を設けてしまいました。これもなかなかキツかったです。

内視鏡で徹底検査

家庭では感染防止の対策をしつつ、内視鏡検査をしてくれる病院を予約。

胃カメラで検査をし、細胞をとって詳細な検査にまわしてもらいました。

胃は見た目に非常にきれいで、先生いわく「ピロリ菌に感染してる人の胃じゃないなぁ」「尿検査は結果が不安定なんだよね」とのことでしたが、ぼくらはまだ安心できません。

ちなみに、鼻からカメラを入れてくれる病院に内視鏡検査をお願いすると、あまり苦しい思いはしなくてすみますよ。

陰性

詳細な検査の結果です。

「陰性」

ほっ。

これでやっとわが家の戒厳令が解かれ、おだやかな日常を取り戻すことができました。

もうこの数週間はとにかく大変でしたが、結果が陰性で本当に良かったです。

妻はとても不安だったと思いますが、よく頑張ってくれました。

まとめ

大変な思いはしてしまいましたが、結果的に胃が綺麗なことを確認できて、検査をしてよかったと強く思っています。

こちらは検査キットに同封されていた案内文です。

案内文の通り、検査キットはあくまでスクリーニング(ふるいにかける)検査と理解して、いずれは詳細な検査を受けるようにしましょう。

検査キットの一番の利点は、子育てや介護などで自由な時間が取れない人でも、自宅にいながら簡単に検査ができることです。

健康に長生きしたい人、ピロリ菌が気になっている人は、いきなり内視鏡検査を受けるという手もありますね。

除菌という選択肢もありますから、キットで陽性が出てもあわてないでください。

ホリエモンの言う通り、長生きしたいなら治療よりも予防が大切なことに間違いはありません。

定期的に検査をして、妻と一緒に長生きしていこうと思います。

以上、妻にピロリ菌の陽性判定がでてからの顛末と、検査することのメリットについての記事でした。

それでは、また!

最新記事