coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

【一汁一菜】料理が苦手な男子に捧げるお手軽料理まとめ【随時更新】

こんにちは、一汁一菜男子のたっくんです。

忙しい現代社会では「食」に関する問題が山積みです。例えば、時間がなくて外食に頼りがちになったり、共働きのなか奥さんだけが食事を作ることが負担になっていたり。

きっと、男子がもっと料理に取り組むことができれば、こういった問題は少しは解消するはず。

そこで、ちょっとでもみんなの助けになれたらいいなぁという思いで、料理が苦手な男子でも簡単にできる料理をまとめて紹介します。

この記事は、新米主夫であるぼくの進化と共に随時追記・更新していきます。乞うご期待。

基本は一汁一菜

ぼくは、通常は週の半分、妻が生理前症候群の時期はほぼ全ての食卓を任されています。3才になる娘の育児と、掃除や洗濯などの家事もこなしながらの料理になるので、時短であることが必須。しかもぼくには料理スキルがほとんどありません。

そんな中でとっている選択肢は「一汁一菜」。

一汁一菜とは、ご飯と味噌汁を基本とする日本の伝統的な食の形です。することは、「ごはんを炊く」「具材をきって煮込んで味噌汁を溶かす」この2点だけ。時短で簡単なのに、日本人として丁寧な食卓を作ることができるという、非常に前向きで合理的なシステムなのです。

一汁一菜が気になる方は、以下の過去記事もぜひお読みください。一汁一菜のメリットについてより理解頂けると思います。

主夫が作るお手軽料理たち

大根と卵のみそ汁

まずは大根をざっくり切って煮ます。小さく切った方が火の通りは早いのですが、具がざっくりしていた方が味噌汁を「食べている」感覚になるので、あえて大きめにしています。大根に火が通ったら、味噌汁を溶いて、卵を割り落として出来上がり。

大根とキャベツとシャケの切り身のみそ汁

大根とキャベツはざく切りにして煮ます。冷凍庫にシャケの切り身があったので、追加で入れて、ちょっぴり豪華な味噌汁の出来上がり。

人参とほうれん草とハムと卵のみそ汁

味噌汁はパンにだってピッタリです。ざく切り人参、冷凍ほうれん草、ハムを煮て、最後に卵を落とします。 写真はホームベーカリーで焼いたパンですが、超熟とか市販の食パンも良いですね。

まとめ

ひとまず今回はここまでです。これから随時追加していきますのでお楽しみに! それでは、また。

<<安心の食材宅配サービスなら、 Oisix(オイシックス) >>

最新記事