coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

簡単3ステップ!NHK解約マニュアル

f:id:coromochi:20170405192341j:plain

こんにちは、テレビのないシンプルライフで快適に暮らす主夫・たっくんです。

ちょっとした失敗を乗り越えたぼくの体験をもとに、3ステップでNHKの受信契約を解除する手順をご紹介します。

この手順を踏まえると、無駄な手間をかけずに契約解除完了までたどり着けます。

「テレビは手放したいけど、なんだか解約するの大変そう」と思っているかたの参考になれたら嬉しいです。

なお、テレビを手放すメリットについては過去記事で語らせて頂いていますので、お時間ある時にあわせてぜひ。

それでは、テレビなしシンプルライフに向けてレッツゴー!

解約手順

手順はおおまかに3ステップです。

  1. テレビを手放す
  2. NHKに連絡をする
  3. 届いた書類を送る

必ずこの順番で実施する必要があります。その理由と注意点を順にご説明します。

テレビを手放す

まずはじめに、テレビを手放します。

ぼくはテレビを手放す前にNHKに連絡を入れてしまいました。そうすると、電話口のお姉さんに「手放したら連絡くださいね」と、やんわりかつキッパリと解約をお断りされますのでご注意ください。

手放す方法は、主に以下の3種類。

  1. ブックオフなど買取サービスを利用する
  2. 自治体の家電リサイクルに申込む
  3. 使いたいだれかに引き取ってもらう

引き取り手もいないので、ぼくはブックオフで買取ってもらいました。

1か2いずれの場合も、手放したことの証明になる書類を必ず保管するようにしてください。買取ならばレシート、リサイクルならば引き取りの証明書です。これは、NHKに書類を送る際の必須書類となります。

ぼくはテレビと一緒にビデオカメラも手放しました。テレビを手放すと連鎖的に色々なものを処分することができますよ。ちなみにビルケンシュトックのサンダルは700円での買取です。

3の場合は、後日自宅にNHKの人に来て貰い、テレビがないことを目で確認してもらう必要があります。自宅に見ず知らずの他人が入ることに抵抗がある方は、1か2を選択しましょう。

NHKに連絡をする

NHKには「電話で」連絡する必要があります。なんと、ネット全盛のこのご時世に、ネット上に解約の申込フォームが存在しません。「気軽に解約しないでね」というオーラをひしひしと感じますが、シンプルライフを目指してめげずに行きましょう!

ぼくが利用した連絡先は、NHKふれあいセンターです。

電話番号は「0120-151515」。

電話がつながったら、以下のことを端的に伝えます。

  • 受信契約を解除したい
  • テレビを「すでに」手放している
  • 放送を受信できる機器はなにも所持していない

なお、ワンセグ機能があるスマホやパソコン、テレビ放送を受信できる何かしらの家電製品を所持している場合、解約をお断りされますのでご注意ください。

届いた書類を送る

一週間ほどで書類が届きます。手順1で入手した証明書のコピーを添えて、速やかに発送しましょう。解約希望が受理されると、受信料の支払いは「前月末分まで」で終了となります。

手順はこれでおしまい。

まとめ

テレビを手放したあとには、今までよりも静かでおだやかな暮らしがきっとあなたを待っているでしょう。

それでは、また!

あなたへのオススメ記事

最新記事