coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

ていねいに暮らしたい人のための日めくりカレンダー『日日のきほん』

こんにちは、ともちゃんです。

ていねいに毎日をすごしたいあなたにオススメのアイテム。

それが、松浦弥太郎さんの日めくりカレンダー『日めくり弥太郎 日日のきほん』です。

松浦弥太郎さんと言えば、「毎日をていねいに生きるひと」の代名詞のような存在。

長年「暮らしの手帖」の編集長をつとめたあと、ウェブサイト「くらしのきほん(リンク)」を立ち上げ、くらしかたに関する著書も多数。

『日めくり弥太郎 日日のきほん』は、そんな弥太郎さんの言葉がたくさんつまった日めくりカレンダーです。

包装を解いたところ。シンプルでミニマルなデザインです。

自立します。

毎月日替わりで使える31枚のカードが入っています。

表側には日替わりのメッセージ。弥太郎さんの座右の銘「今日もていねいに」はすべてのカードに。

例えば、家族や友人との関係についてなら、こんなメッセージがあなたのくらしに役立つかもしれません。

  • 年下にも年上にも綺麗な言葉で。
  • してもらいたいことがあったら、まずは人にしてあげる。
  • 自分一人でできることはない。
  • どんなものでも修復する。
  • 頭ではなく心を使う。
  • それで人は幸せになれるのかと考える。
  • お礼にはいつも感想を添える。
  • 相手に寄り添う。
  • コミュニケーションとは愛情を伝えること。
  • ありがとうで始まり、ありがとうで終わる。
  • 小さい約束ほど大切にする。
  • 相手に得してもらうことをいつも考える。
  • 愛は一番身近なところから。
  • 思いやりのチャンスを逃さない。

表側のメッセージの意味がシンプルに書かれています。

たまに裏をめくってみるのもいいですね。

例えば「愛は一番身近なところから。」の裏側にはこんな言葉が書かれています。

世界平和を考えるのは素晴らしい。大変な地域のためにボランティアをするのも素晴らしい。愛と平和のために貢献するのは大切なことです。それでも、決して忘れてはなりません。家族、パートナー、子ども、親、身近なところからラブ&ピースは始めるべきだと。一番近いところにいる人たちに愛を注ぎ、その愛が溢れ出して、やがて社会や世界に注がれていく。そんなやり方が本来の愛ではないでしょうか。目の前の人を愛さずに、世界を愛せるはずもありません。

今日いちにちをていねいに過ごしたいな、暮らしを楽しみたいな、と思っているあなた。

弥太郎さんの生きるヒントを日々に取り入れることで、いつもとは少し違った気分になれるかもしれませんよ。

身近なところに置いて、ていねいに暮らすための言葉を生活に取り入れてみましょう。


『くらしのきほん しごとのきほん』。弥太郎さんの言葉にもっと触れたい方には、こちらの本がおすすめです。


弥太郎さんの新刊。ウェブサイト「くらしのきほん」で夜だけ読めた記事に加筆修正した一冊。泣きたくなったときにどうぞ。

最新記事