coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

主婦に必要なのは『多動力』だ!

こんにちは、ともちゃんです。

今回紹介するのは、堀江貴文さんの『多動力』。

ホリエモンの本には、家事や育児のヒントも多く書かれているので、主婦の方にオススメ!

堀江さんの本は、ビジネス書や自己啓発本として参考になるだけでなく、家事や育児をする主婦にもとても勉強になります。


主婦は多くのプロジェクトを抱えている


この本『多動力』は、いろいろなプロジェクトを横断的にこなしたい、様々なことにチャレンジしたいという人向けにかかれていますが、わたしたち主婦も日々多くのプロジェクトを抱えていますよね。

  • 炊事
  • 洗濯
  • 掃除
  • お金の管理
  • 育児
  • ご近所との付き合い
  • 仕事
  • 趣味や習い事 などなど…

『多くのプロジェクトを抱えている1人の人間』としてこの本と向き合うと、どうこなしていくべきか、何をやって何をやらないべきか、などのヒントが見えてきます。
例えば…

  • 全部自分でやらないといけない、準備万端にしないといけない、はすべて思い込み。
  • 時間をかければクオリティがあがる、真心を込めれば人に伝わるというのは妄想。
  • 準備にかける時間は無駄。
  • 集中している子どもの肩に手をかけ、バランスが取れたつまらない人間に矯正しようとしては、好奇心と集中力が育たない。

ドキッとした部分ありませんか?

あ、それわたしです…と胸が痛くなります。

自分にしかできないことはなんだろう


堀江さんはこの本のなかで、
自分にしかできないことをやろう。
限りある時間をそのことに使おう。

と繰り返し言っています。

毎日、やるべきこと(やるべきだと思い込んでいること)に追われ、自分のやりたいことができない、もっと時間があったらいいのに…なんて思っている人は、一度立ち止まって考えて見ませんか?

それは本当にやる必要のあることか


『良い母親像』『あるべき主婦像』を意識しすぎて苦しくなった時期もありましたが、自分と向き合い、必要なものを見極めるなかで至ったわたしなりの結論は
『母親のわたしにしかできないことは、子どもの母親として笑っていること、抱きしめること、自分自身が幸せであること』 です。

料理の苦手な人は無理にご飯を作るより、その分食事をシンプルにするとか、美味しいお惣菜を買ってくることで時間もエネルギーも使わずストレスもたまりません。
掃除が苦手な人は、ハウスクリーニングを頼むとか、お掃除ロボットに掃除をしてもらえば自分でやらなくてはいけないことなんてそんなに多くありません。
わたしが1日の掃除にかける時間は合計10分もないくらいです。

床をクイックルしてゴミをまとめておしまいです。

洗濯物もデリケートな衣類以外は全て乾燥機を利用しているので、天気を気にする・干す・取り込む、といった過程は省略できます。

自分でやらなくてはいけないと思い込んでいるだけで、自分でなくてもできることってたくさんあるんです。

『全部自分でやらなくては』という思い込みを捨てよう


楽しんでできないこと、苦手なことは無理してやろうとせず、やめてみる、人に頼ってみる。

そうすることで自分の時間を持つことができ、心にも余裕が生まれるし、毎日を楽しく過ごすことができるようになります。

家事は完璧だけれどいつも忙しくしていてしかめっ面のお母さんと、家事はほどほどだけど毎日を楽しそうに過ごしているお母さん。

自分が子どもだったらどっちのお母さんと一緒にいたいと思いますか?

1日24時間をワクワクで埋めたい、毎日をキラキラ過ごしたいという方にオススメです。

こちらの記事もあわせてどうぞ

www.coromochi.com

www.coromochi.com

最新記事