coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

『おしゃれなエコが世界を救う』

今日は素敵な本の紹介をするよ!


今日紹介するのは、フェアトレードカンパニー『ピープル・ツリー』創業者のサフィア・ミニーさんの『おしゃれなエコが世界を救う』という本です。

サフィア・ミニーさんについて


フェアトレードの学校に通い始めたことをきっかけに頻繁に訪れるようになった『ピープル・ツリー』。
サフィア・ミニーさんはピープル・ツリーを立ち上げた女社長さんです。

フェアトレードの学校の記事はこちら www.coromochi.com
サフィアさんはイギリス出身の女性。
ご主人の転勤に伴い訪れたバブル景気の日本で、人間の豊かさをお金やモノではかることに不快感・違和感を感じ、グローバル・ヴィレッジ(ピープル・ツリーの前身)を立ち上げます。
フェアトレードビジネスにかける想いやピープル・ツリーの道のり、女性の社会進出について、お金の使い方についてなどサフィアさんの想いや魅力がたっぷり詰まった一冊です。

フェアトレードはチャリティーではない

途上国支援=寄付や援助という思考になりがちだけれど、途上国の生産者と先進国の消費者を対等に結び、チャリティーではなくビジネスで環境問題や貧困問題の解決をめざすのがフェアトレード。

『フェアトレードの商品を買うことで、それを作る生産者の人びとに仕事の機会が生まれる。寄付や援助ではなく、買い物を楽しみながら貧困をなくすことに参加できる。』

『フェアトレードとは、作る人と買う人がおたがいの文化を尊重し合い、学びあうこと』とサフィアさんは言います。

自分の暮らしが世界とつながる

サフィアさん自身が毎日の暮らしで使うものをフェアトレードやオーガニックのものにしたいと考え、作ってきたのがピープル・ツリーの商品の数々。

サフィアさんは

何かを食べるとき、身につけるとき、それ作った人のことを思い浮かべることができる。
自分の暮らしが、いろいろなものを通じて世界じゅうの誰かとつながっている。
そして、ものを買うことが、世界で最も立場の弱い人たちに収入をもたらし、環境をまもることにつながっている。

こう言います。

グローバル化がますます進む中で、便利さだけを追求するのではなく、日々の暮らしが世界とつながっていることを感じたり、自分の行動が環境保護につながっていると感じたりできる心の豊かさを大切にしていきたいものです。

お金の使い方を考える

サフィアさんが紹介しているお金の使い方の1つがオーガニック食材の購入。

私たちの体は自分が食べたものでできているからこそ、体の中に入れるものには余計に気を遣いたいもの。

サフィアさんが利用している『大地を守る会』は有機食材の宅配サービス。

宅配サービスは多くあるけれど、安心な食料の購入だけでなく、『大地を守る会』を通じて日本の農業や食の安全を守ることができます。

旬の厳選野菜や無添加のお豆腐など、 大地を守る会が自信を持ってセレクトした12種類を詰め合わせたお試しセット。 3,980円相当が今だけ最大50%以上OFFの1,980円〜お試しできるんです。 気になる方はみてみてくださいね。


大切なお金だからこそ、納得のいく使い方をしていきたいですね

最新記事