coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

逆算の人生をやめる

いまを生きてる?

逆算する人生をやめる

最近読んだ下重暁子さんの本に『予定から逆算していまを生きるのは、ほんとうの意味でいまを生きていることにならない。』とあってドキッとしました。

◯歳で定年すると考えて、◯歳までに結婚してその◯年後に子どもを産んで、◯歳までには家を建てて… それっていまを生きていると言えるの?と。

いまから未来に向かっていくのがほんとうの時間であり未来を区切り、逆算していまを生きるのはほんとうの時間ではない。わたしたちは細かく区切ってギスギス過ごしている。 そんなことでは豊かで贅沢な時の流れを実感することはできない。 (『持たない暮らし』より一部抜粋)

背中を見せられる大人になりたい

いつから将来に対して、夢や憧れや希望ではなく不安を抱くようになったのだろう?
子どもの頃はなんでもできるような気がしていたし、何にでもなれる、どこへでもいけると思っていたのに。

  • お金がないから
  • 時間がないから
  • 将来が不安だから

理由をつけて行動を制限するようになってしまったのはいつからだろう?
それが大人になる、ということなのだとしたら、それはとてもさみしいこと。
そんな大人をみて、子どもはどう育つんだろう?

いまの先に未来がある。
いまを楽しく生きること。
一生懸命に生きること。
そんな姿を娘には見せたい。

やりたくないことや違和感を感じているのに“将来のため”とか“不安(心配)だから”という理由で我慢して頑張ることをやめる。
我慢している間に死んでしまったら、我慢だけの人生になってしまう…
そんなのって悲しすぎる。
しかもそれを配偶者や子どものために我慢して頑張っていたんだ、なんて言われたら、遺された方もたまらない。
自分の人生を責任を持って生きる、楽しく生きる姿を見せる、そんな親でありたい。

専業主婦やめます

4年ちょっとの専業主婦を経て、ずっと家にいるより外に出て働きたい!とじわじわ感じはじめていたので、仕事探しもはじめています。

正社員で長く勤められる仕事ではなく、今までやりたいと思っていた仕事や働いてみたいと思っていた会社にいろいろとチャレンジするつもりです。

やりたいことだらけです

やってみたかったことってなんだろう、できるできないではなく、ひとまず全部書き出してみよう!と書き出してみるといろいろ出てきます。

  • 本屋さんで働いてみたい
  • お洒落なカフェで働きたい
  • 英会話スクールで働きたい
  • 海外で働いてみたい
  • マチュピチュ行きたい
  • ウユニ塩湖観たい
  • ヨーロッパに行きたい

もはや仕事とは関係ないものもありますし、まだまだいっぱいあります。

全部はできないかもしれない。
やっていく中で、また違うことをやりたくなるかもしれないし1つのことを続けてみたくなるかもしれない。
また主婦に戻りたいと思うかもしれない。
そうなったらまたそうなった時に考えます。

まずはあれこれ考えずに行動あるのみ!

この本オススメです。

最新記事