coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

『自分で決める』ということ

自分で選んでいますか?

好きなものに囲まれて暮らしたい

私たちは自分の選んだもので作られています。

何を食べ、何を着て、誰と、何に時間やお金を使って過ごすのか。

その積み重ねが自分自身を作っていきます。

だからこそ、自分で選んでいきたい。

好きなもの食べ、好きなものを着て、好きなところに住み、好きなことをして、好きな人たちと暮らしたい。

選んでいるのは自分自身

私たちは日々たくさんの選択を繰り返しながら生きています。

  • 何を食べるか
  • 何を着るか
  • 何にお金を使うか
  • 週末何をして過ごすか

といった日常的なことから

  • 進学するか
  • どんな仕事をするか
  • 結婚するか
  • 子どもを望むか
  • 家を持つか

といった生き方に関係することまで様々の決断をしています。

今日のお昼ご飯、自分で選んだ?

忙しい中であれこれ考えるのは大変かもしれません。

それでも、お金がないから、時間がないから、と考えること自体を放棄するのではなく、その中でできるベストな選択は何かな?と考えて工夫する習慣をつける。

  • なんとなく選んだもの
  • 自分で選んだもの

どちらが自分の毎日を輝かせてくれると思いますか?

日常的な選択をおろそかにしない

大きな決断を前にすると人は真剣に考えます。

その決断でその後の人生か大きく変わる可能性があるからです。

しかし日頃から自分で考えて判断する、という習慣がないといざという時に自分で決めることができません。

なんでもいい、みんなと一緒でいい、を繰り返しているといざという時に自分の気持ちがわからなくなり、自分で決断することができなくなってしまいます。

普段から小さなことでも自分で考えて決める習慣をつけていきましょう。

結果に責任を持つ

『自分で決める』=その結果に責任を持つ、ということ。

人のせいにできないからこそ真剣に考えるし、結果がたとえ上手くいかなかったとしてもどうしたら次はうまくいくのかを考えることができる。

人のせいにしていたら、自分は成長できないし、判断する力やセンスも身につきません。

日頃から小さな自分で選ぶ習慣をつけることで判断する力を磨いていきましょう。

自分のルールを決めよう

そうは言っても選択肢が多いし、決めるのは難しい…。

そんな人には自分のルールを決めることをお勧めします。

例えば私は初めて行くお店ではオススメを頼むようにしています。

  • 店員さんとコミュニケーションをとりたい
  • オススメというからには一番美味しいはず

というのが主な理由です。
ここでは「オススメを頼む」というのが私のルールです。

自分で選ぶと言っても、信頼できる人からアドバイスをもらったり、自分なりのルールを作ったり、と工夫をしています。

ルールを作るのは自分だし、いくつか候補があるとしたらその中から最終的に選ぶのも自分なので、たとえその結果が思ったものとは違ってもその結果を受けとめて今後にいかすことができます。

これは自分の生き方にも通じること。

全部の中から選ばないと…と思うとすごく大変だけれど、自分の判断基準に合うものの中から選ぶようにすれば判断は楽になるだけでなく、より自分の望む決断に近いものができるようになります。

そのためには、自分の判断基準をどうするか、何を大切にしているのか、を日頃から明確にしておく必要がありますね。

日頃から自分の選択に意識的になってみよう!

【オススメの本】

最新記事