coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

web明細は本当にお得か?

web明細、毎回チェックしていますか?

契約更新月を迎えた母と一緒に携帯ショップに行ってきました。

毎月の請求額は約8,000円

母は大手キャリアで契約してiPhoneを使っています。

端末代金の支払いは既に終わっているにもかかわらず、月々の支払い額はなんと約8,000円!

契約内容を確認してみると、かけ放題とデータ定額がセットになっているプラン。

定額3GBプランというのに入っているのに、毎月月末時点でのデータ残量はおよそ2.9GB。
ほとんど利用していません。

家にいることが多いためWi-Fi環境で利用することがほとんどで、外出先で利用するとしても乗換案内を調べるくらい。

電話もほとんどLINEの無料電話を使っているので、かけ放題の意味がありません。

なんでこんな契約を?

以前は、電話代や通信料が高く、定額のプランに入っていないと月々の請求額の予測がつかず、とても高額になるおそれがありました。

しかし、それも過去のこと。

Wi-Fi環境があれば通信量を気にする必要もないし、今は無料や格安の通話アプリもたくさんあります。

実は母がこのプランの契約をしたのはもう何年も前のこと。

そこから何の見直しもしないでいる間に、通信業界は変化し、格安スマホが登場し、それに伴って大手キャリアでもお得なプランがたくさん登場していたんです。

年間60,000円の節約に

娘2人が格安スマホ(LINEモバイル)に変更し、月々の請求額が約3000円らしい、と耳にしてようやく自分は払い過ぎているのでは?と感じ始めた母。

母がスマホに求めていることは

  • LINEを使えて
  • 電話はほとんど使わなくて
  • ちょっと調べ物ができればいい

これだけです。
とはいえ、今の状況すら把握できておらず、自分ではなんで説明したらいいのかわからないので私が一緒に行くことに。

携帯ショップのお姉さんに説明を聞きながら、電話もデータも利用した分だけという一番シンプルなプランに変更しました。

結果的に月額の利用料金は約3,000円になる予定で、毎月5,000円、年間にして60,000円もの固定費削減になりました。
また、オプションとして留守番電話サービスや、安心保証パックなどにも入っていたのですが、いるもの、いらないものを再度確認しいるものだけを残すことにしました。

定期的な見直しが大切

初回の契約時によくわからないままに勧められたり、無料期間があるからとりあえずつけておきましょうとか言われたりしてなんとなく契約し、そのまま存在すら忘れて解約せずに支払ってきたもの。

契約した当時は一番お得だったけれど、新しいプランが出たことでその魅力がなくなって結果的には無駄が多かったもの。

最初はお得でも、今の自分にもそれが必要とは限りません。

今の自分にとって最適なプランを探すには

  • 自分の契約がオプションを含めどのような内容なのか
  • その中で実際に今利用しているものは何か
  • 昔は使っていたけれど今は使わなくなったものはどれか
  • 通話やデータ通信に関してどのくらいの量を利用しているのか

を把握し、どのプラン・オプションに入ることが適正なのかをきちんと見極めることができれば良いわけです。

ムダに気づかなかったのはなぜ?

「今月はガス代が高かった」など電気・ガス・水道といった光熱費に敏感な母。

簡単な家計簿もつけているし、クレジットカードの管理もきちんとしています。

そんな母がなぜ、ここまで無駄なお金を払い続けてきたのか。

ショップからの帰り道の母の一言でその謎が解けました。

「明細が送られてこないから何に使ってるのかよくわからなくって」

金額そのものは以前からなんとなく高いような気がしていたのだけれど、明細書も届かないし内訳もよくわからないからそんなものなのかなと思ってしまっていたようなのです。

紙の請求書が必要な人だっています

web明細を確認することにストレスを感じる人、そのアクションが簡単にはできない人もいるのです。

  • 環境保全のために、請求書の電子化を推進しています。
  • 紙の請求書を発行する場合には月額◯円かかります。

そんな風に言われると、紙の請求書をもらうことがなんだかもったいないこと、悪いことのように感じてしまう人もいます。

でも、これが必要な人もいる。

母は紙の請求書はきちんとチェックするタイプの人間なので、もし紙で請求書を受け取っていたらもっと早いタイミングで気がつけたかもしれません。

webの明細サービスは環境保全という観点や、それを当然に利用できる人からみれば節約にもなる優れたサービスではあるけれど、そこにアクセスすることが難しい人たちにとっては本来であれば支払う必要のない無駄なものにまでお金を払わされてしまう危険を内包したブラックボックスでもあるのだと感じました。

自分に必要なサービスを利用しよう

母の利用しているキャリアでは、一請求書あたり200円ですが、月々5,000円も無駄なお金を払っていたことを考えると、大きな損をしていたことがわかります。

請求額が安定し、そのことに不安がなくなればそのタイミングで紙の請求書を廃止するという手もあります。

web明細を毎月確認していない人、確認することが億劫な人、紙で月々や請求額をきちんと把握したい人は紙の請求書を考えてみてはいかがでしょうか?

最新記事