coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

【ミニマリストのお引越し】物を減らせば家賃は下がる!

先月、引っ越しをしました。
それまで約8年暮らした2LDK駐車場付き60㎡から1LDKの50㎡へ。
ちなみに神奈川県から東京都への引越しなので都心へは少し近くなりました。

住居費の見直し


家計管理を始めてから、ずっと気になっていたのが家賃。
ダブルインカムの時に住み始めた家にシングルインカムになってからも住み続けていたため家計に対する家賃比率が高すぎる。

あれこれ見直してあと大幅に固定費を削減できるとしたらココしかない!というのが住居費の見直しでした。

家賃が下がったよ

引っ越す2年ほど前に車も手放していたので駐車場代もかからず、月々の家賃は約2万円下がりました。

家族が増えたにもかかわらず暮らしをダウンサイジングできたのは、モノの量が圧倒的に減ったから。

娘が生まれ、初めての育児をする中でモノに煩わされる生活から解放されたい、大切なことに時間を使えるように生活をシンプルにしたい、という思いが強くなり、少しずつ物を減らしていきました。

以前は物置小屋だった部屋も引っ越す前には何もない部屋になり、これなら2LDKも必要ない、次は1LDKにしよう、と自然に思えるようになりました。

ちなみにモノが少な過ぎて引っ越し業者さんも驚いていて、代金もかなり安く済みました。

必須条件は収納スペース

引っ越すにあたってのポイントは収納スペースが多いこと。

モノが少ないのになぜ?と思われるかもしれませんがすべてのモノを収納スペースに収めてしまいたいからです。

我が家には収納家具がありません。

脱衣所にタオルと寝巻を入れるための小さな引き出しが1つだけありますが、それ以外に、タンスや引き出しといった家具はありません。

家具があると、引越しの荷物も多くなるし、部屋が狭くなるので、収納スペースにプラケースや収納ボックスを入れてその中に全て収めています。

収納スペースは部屋によっても幅や大きさが違うので、大きなものよりも小さなもの、固い素材のものよりも柔らかいものを選ぶのがオススメです。

プラケースのように固い素材のものは、引越しの際に荷物になるし、不要になった際処分するのに手間やお金がかかるのでなるべく避けるようにしています。

実際、ほぼ全てのものが収納スペースに収まっているので、出ているものといえばダイニングテーブルと娘の机と椅子、プレイマット、寝室の隅に立てかけてある布団くらいです。

スッキリした空間で過ごせることで勉強や仕事にも集中できるし、思い切り遊んだり家の中でピクニックしたりすることもできるのでとても気持ちがいいです。

ちなみにベランダが広いのも今の家のステキなポイントの1つ!

今までは一階に住んでいたので外が気になってできなかったベランダでの食事も楽しんでいます。

ある日のベランダディナー

まとめ

モノが少なければ、必要以上に大きな部屋に住む必要も高い家賃を支払う必要もなくなります。

すでにいろいろやっている中で、毎月あと2万円節約しよう、と思っても難しいですよね。

住む場所を変えてみる、暮らしを小さくしてみることでストレスなく固定費を削減できるようになるかもしれませんよ。

オススメ

わが家で使っている収納ボックスはこちら。

下着や靴下の収納にはこちらを使っています。夫がブルーで私のはホワイトです。

娘の靴下や下着、ズボン収納に使っているのはこちら。

最新記事