coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

ものを捨てられない人にオススメの「残す」片付け術。

捨てられない人にオススメの片付け術

  • シンプルライフに憧れる
  • ミニマリストになりたい

そう思ってはいるけれど

  • ものを捨てることに抵抗がある
  • 捨てるものを選べない
  • 断捨離をいつも繰り返してしまう

という方もいるのではないでしょうか。

今日はそんな方にオススメの『捨てる』からはじめない『残す』片付け術を紹介します。

『捨てる』からはじめない

断捨離をしよう!
片付けよう!
と思うと、まずはいらないものを捨てるところからはじめる人が多いのですが、捨てることに抵抗を感じている人や慣れていない人にとって、捨てるものを探す、という作業はとてもエネルギーのいるネガティブな行為です。

いざ取り組みはじめても

  • まだ使えるし…
  • いつか使うかもしれないし…
  • 高かったし…

といったスパイラルに突入することも多く、片付けが中断してしまったり、そこで終わったりしてしまうこともあります。

残したいものを選ぶ

そんな時にオススメなのが、『残す』お片づけです。

たくさんあるものの中から、これは残したい!と思うものを選んでいきます。

残すものを選ぶ作業は、自分の好きを再認識する楽しい作業です。

残すものを選んでいると、あ、これはいらないかも、となるものも出てくるので、その場合はそれを捨てるものとして区別します。
※区別したものは見返さずに手放しましょう!

自分の中で上限を決められそうなら、 ◯個捨てる! ではなく △個残す! と決めて片付けをスタートした方が、結果的に同じ数のものを捨てることになっても、進み方も気持ちもまったく違うものになります。

選んだ結果、ものが減る

例えば洋服が50着はもあってクローゼットに入りきらないので、10着処分すると決めます。

捨てるものを10着選ぼうとすると

  • これまだ着れるかも
  • 結構高かったし
  • あまり着てないからもったいない

といった捨てない理由探しがはじまってしまい、一向にすすみません。

ところが、50着のうち、お気に入りの40着を残す!と決めて選び始めると、好きなものから順に選んでいくことができてスムーズかつストレスもありません。

もっと減らしたいという時には、残った40着の中から、さらにお気に入りの30着を選んでいけばいいだけです。

まとめ

とにかくものを捨てて少ないもので暮らすということではなく、自分にとって必要なものを残す、好きなものだけに囲まれて暮らすのがミニマリズムやシンプルライフの本質です。

ものの数だけにとらわれず、自分にとって大切なもの、大事にしたいことを見つけていきましょう。

しっかりとした軸ができれば、それ以外のものはいらない、必要ないと感じられるようになります。

そうして不要なものを手放し、結果として好きなものに囲まれた暮らしが自分にとってのちょうどいい心地よい暮らしなのだと思います。

オススメ

ゆるりまいさんの「妄想ショッピング」はまさに選ぶ片付け術ですね。
コミックエッセイで読みやすいのでオススメです。

最新記事