coromochi

ココロとキモチによりそいシンプルに生きる

無駄な時間を自己投資に!家計管理を時間管理にも応用しよう。

時間管理は家計管理と同じ

1日のうち何時間を自分の本当にやりたいことや将来のための投資に使っていますか?

最近読んだ勝間和代さんの本が素晴らしかったので紹介します。

勝間さんは、時間を4つ(消費、浪費、投資、空費)に分類し、一般的な人の時間の使い方(60%、20%、5%、15%)に対し、理想の時間配分は50%、10%、30%、10%だと述べています。

消費=緊急性・重要度共に高いもの
浪費=緊急性は高いが重要度は低いもの
投資=緊急性は低いが重要度は高いもの
空費=緊急度・重要度共に低いもの

※それぞれの詳しい説明はぜひ本を読んでみてください。

消費、浪費、空費をいかに減らして投資を増やしていくかがポイントで、投資を増やすことによって消費(仕事)の生産性が上がり、収入アップや幸福度アップにつながっていくというのです。

これって無駄遣いを減らして貯蓄や投資に回していこう、という家計管理にとても似ていると思いませんか?

まずは目的を明確にしよう

将来、どんな自分になっていたいですか?

時間がたくさんあったら、何をしたいですか?

勉強したいこと、取り組んでみたかったことなどはありますか?

まずは目的を明確にし、その時間を作るために無駄を減らしていきましょう。

時間の使い方を把握しよう

人によって何がどの分類に当てはまるのかは異なりますが、現在の自分の時間の使い方を把握し、理想の時間配分に近づけていきましょう。

まずは自分の時間の使い方を把握するところからスタートです。
自分にとっての消費は何か?
浪費は?投資は?空費は?
それぞれ書き出してみます。

次に現在の自分の時間の使い方を記録します。
私はバーチカル型の手帳に細かく記入しています。

記録をつけることは、振り返りにとても役立ちます。

家計簿をつけるのと同じように、時間の記録をつけることで現状を把握し、無駄の洗い出しをしましょう。

時間の使い方のクセをしろう

1日は24時間。
時間を増やすことはできないので、自己投資のための時間を作り出すためには、他で時間を減らすしかありません。

実際に記録をつけると唖然とします。
スマホ時間の割合(スマホでネットサーフィンやゲームをするのは私にとっては空費の時間です)が多すぎたり、近くのショッピングモールに買い物に行ったはずが3時間もかかっていたり。

いかに日々時間を意識せず生活しているかを痛感しました。

手帳に、◯時〜◯時 スマホ(ゲーム)と記入する時の虚しさといったらありません。

私は1日のうちの貴重な時間をこんなことに使っていたのか?と自覚することで、危機感を持って減らすことができます。

これも家計管理と同じですよね。

無駄遣いなんてしていないつもりだったけれど、家計簿をつけ始めたら、実は結構な頻度でコンビニに寄っていた、とか、毎月お菓子やお酒などの嗜好品にお金をたくさん使っていた、と気づくことがあります。

コンビニに寄らないようにしたり、予算を決めてその中で買うようにすることで無駄遣いを減らすことができます。

行動自体を減らしてみる

時間管理もコンビニの例と同じように、何かの行動と紐付いて無駄使い方が発生しているのならその行動自体を減らしてみることも効果があります。

例えばスマホを枕元に持ち込むと、眠れない時や、朝早くに目が覚めたときについ枕元のスマホを手にとって、SNSをチェックしたり、ネットサーフィンをしたり、気づくと1時間や2時間はあっという間に過ぎてしまいます。

目覚ましが必要なら目覚まし時計を、音が気になって眠れないのならイヤホンの代わりに耳栓を用意すれば済むことです。

その分しっかりと睡眠時間を取れば健康的に過ごせますし、早く寝たり早く起きたりして読書や勉強のために時間を使えたら充実した毎日を過ごせますよね。

これも、「コンビニには立ち寄らない」と同じように「スマホを寝室に持ち込まない」とすることで時間の空費を減らすことができます。

時間は貯められない

家計管理と時間管理に共通する部分はたくさんありますが、1つ重大な違いがあります。

それは、お金は貯められるけれど、時間は貯められない点です。

何に使うかはわからないけれど、とりあえず将来のために貯めておこう、今日の時間を明日にまわそう、ということはできません。

余ったお金を貯めるように、余った時間を貯めたり持ち越すことはできないのです。

将来のために時間を貯めることはできませんが、将来のために今できることを積み重ねることはできます。

今の時間をどう使うかで3年後、5年後、10年後の自分は変わってくるのです。

まとめ

まずは減らした時間で何をしたいのか、を考えましょう。

無駄が多くても、このために使いたい、という目的がなくては減らすことは難しいです。

3年後、5年後、10年後のなりたい自分になるために、今できることはなんですか?
今、納得のいく時間の使い方ができていますか?
何に時間を使うべきかを考え、浪費や空費の時間を減らして、投資の時間を大切にしていきましょう。

オススメ

私の時間管理に大きな革命をもたらしてくれた素晴らしい一冊。

こちらの本もオススメ

こちらもぜひ!

最新記事